基本情報対策 ネットワーク (1)

今回の基本情報対策は、ネットワークです。UDPに関する問題や、OSI基本参照モデルの問題を選びました。OSI基本参照モデルは試験でも頻出なので、階層の順番はもちろん、各階層で扱うプロトコルや装置を覚えておきましょう。

問題 1

UDPを使用しているものはどれか。 (基本情報技術者試験 平成25年春期 午前問36)

(A) FTP

(B) NTP

(C) POP3

(D) TELNET

正解は B


UDPとは、コネクションレス型の通信プロトコルです。コネクション型のTCPと比べると、信頼性は低い反面、転送効率が高いのが特徴です。

(A) FTP

これは誤りです。FTPは、ファイルを転送するためのプロトコルであり、TCPを使用します。

(B) NTP

これは正しいです。NTPは、時刻を同期するためのプロトコルであり、UDPを使用します。

(C) POP3

これは誤りです。POP3は、メールを受信するためのプロトコルであり、TCPを使用します。

(D) TELNET

これは誤りです。TELNETは、遠隔操作用のプロトコルであり、TCPを使用します。

問題 2

LAN間をOSI基本参照モデルの物理層で相互に接続する装置はどれか。 (基本情報技術者試験 平成25年秋季 午前問34)

(A) ゲートウェイ

(B) ブリッジ

(C) リピータ

(D) ルータ

正解は C


リピータとは、ネットワーク上を流れる電気信号を増幅して、伝送距離を延長する、物理層の装置です。

(A) ゲートウェイ

これは誤りです。ゲートウェイは、OSI基本参照モデルの第4層以上で、プロトコルを変換します。

(B) ブリッジ

これは誤りです。ブリッジは、端末のMACアドレスをもとにしてデータを中継する、データリンク層の装置です。

(C) リピータ

これは正しいです。

(D) ルータ

これは誤りです。ルータは、端末のIPアドレスをもとに、データの中継や経路選択を行う、ネットワーク層の装置です。

問題 3

IPv4においてIPアドレスからMACアドレスを取得するために用いるプロトコルはどれか。 (基本情報技術者試験 平成25年秋季 午前問35)

(A) ARP

(B) DHCP

(C) ICMP

(D) RARP

正解は A


ARPは、IPアドレスからMACアドレスを取得するためのプロトコルです。

(A) ARP

これは正しいです。

(B) DHCP

これは誤りです。DHCPとは、ネットワークに接続されたコンピュータに、IPアドレスを自動的に割り当てるためのプロトコルです。

(C) ICMP

これは誤りです。ICMPは、ネットワークの疎通を確認するために使用されるプロトコルで、pingコマンドで使用されます。

(D) RARP

これは誤りです。RARPは、MACアドレスからIPアドレスを取得するためのプロトコルです。ARPとは逆の動作となります。